忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/12/16 17:51 |
従来の治療法との違い
■ 歯を1本失った場合
従来はブリッジにしたけど
● ブリッジを作るために、隣接する健康な歯が削られてしまう。
● ブリッジを支えている歯が痛んでしまい結局抜くことに
● 健康な歯とブリッジの見た目が違う
● 歯根のない歯茎は噛むことによる刺激がないため次第にやせてします。

■ 複数の歯をうしなった場合
従来は部分入れ歯にしたけど
● 金属のばねをかける健康な歯に負担がかかる
● 常に違和感がある
● 金属のばねが見えて見栄えがよくない
● 金属のバネの間に食べ物がつまりやすく、丁寧にそうじをしないと虫歯や口臭の原因になる、

■全ての歯を失った場合
従来は、総入れ歯を歯茎全体にかぶせる
●入れ歯がぐらついたり ずれたりする。
●硬いものが噛めない
●入れ歯が舌を塞いで、味覚がよくわからない
●食べ物が入れ歯と歯茎の間に挟まり痛む
●顎がやせてしまい老けてみえる

インプラントは顎の骨と結合するため自分の歯と同じようになり、
従来の入れ歯やブリッジのような欠点はありません。
PR



2007/03/23 08:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | インプラント

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<インプラント治療の年齢制限 | HOME | インプラントの治療の流れ>>
忍者ブログ[PR]